魯山人と山代温泉魯山人と山代温泉
魯山人が遺した作品魯山人が遺した作品
ゆかりある温泉旅館ゆかりある温泉旅館
魯山人に関る観光スポット魯山人に関る観光スポット
アクセスのご案内アクセスのご案内
トップページトップページ
menu_07back.png

space.png

title_yamashiro.png

魯山人が山代温泉を訪れた経緯

北大路魯山人 魯山人は、1883(明治16)年3月23日、京都の上賀茂神社社家の北大路清操、登女の次男として誕生、名を房次郎といいました。生まれてすぐに里子に出され、その後も次々と養家が変わるという不遇の幼少時代を過ごしますが、養母に背負われ散歩に行った時に見た、真っ赤に咲き乱れる山躑躅(つつじ)に感動したことが美を意識した最初であった、といわれています。

 小学校を卒業してからは、養父・福田武造の木版の仕事を手伝いながら、独学で書と篆刻を学び、「一字書き」の名手として名を売るようになります。成人してからは本格的に篆刻と書の勉強をするため、朝鮮・中国にわたります。
 帰国後、「福田大観」と名乗り、長浜や京都などで看板を彫るなど転々とし、鯖江の豪商、窪田朴了の所で金沢の細野燕台に出会います。

 細野燕台は漢学者で、書や画に長けた文人でもありました。燕台は大観が彫った栖凰印譜帳を見てその腕前に惚れ込み、細野家で開かれた煎茶会で大観を三人の仲間(山代温泉の「吉野屋」旅館の主人・吉野治郎、陶芸家の須田菁華、金沢の料亭「山の尾」の主人太田多吉)に紹介します。
 そして、その茶席で、大観に看板を彫らせる話がまとまったといわれています。
 吉野治郎は大観の仕事部屋として、自らの「別荘」を提供することになりました。(寓居の茶室は、原呉山の設計による)

 こうして大観はこの別荘で、「吉野屋」「須田菁華窯」などの看板をいくつも彫り、仕出し屋から運ばれる料理に舌鼓を打ち、時には旦那衆たちとの歓談を楽しみながら、1915(大正4)年秋から翌年の蕨の出る頃までの約半年間、山代温泉に滞在することになりました。

魯山人の山代温泉での逸話

 細野燕台の家の食客となった魯山人にとって、細野家の食卓は新鮮な驚きの場でした。
須田菁華窯食卓に並ぶ食器は、燕台自らが造り、友人である山代温泉の陶芸家・須田菁華の窯で焼いてもらったものでした。
 家庭の温かみというものに縁のなかった魯山人は、大勢の家族とともに囲む食卓や器というものが、いかに食材を引き立たせるかをしみじみと実感し、「まるで器から出汁がでているようだ」と言ったといいます。

 魯山人もまた、近江町市場で食材を買い込み、京で学んだ料理を作って細野家の人たちに振る舞いました。
そして、いつか自分も菁華の窯で食器を焼いてみたいと念願するようになりました。



須田菁華看板 菁華窯の刻字看板が完成した11月、期待にたがわぬ素晴らしい出来映えに、菁華も燕台も大満足し、その褒美として魯山人は菁華窯に招じ入れられることになりました。
 はじめての上絵付けでは、書家の魯山人も紙の上のようにはいかず難儀したようでしたが、その飲み込みのよさと持ち前のセンス、大胆な運筆と筆致で周囲を驚かせました。

 「別荘」の持ち主、吉野治郎は、「この男、ただ者ではない」とつぶやき、初代菁華は、魯山人の類まれな才能を、この時見抜いたと言われています。

 作陶の魅力に憑かれた魯山人は、この日以来、看板を彫るかたわら、暇を見ては菁華の工房に出向き、釉薬の調合、窯の焚き方といった作陶の基礎を菁華より学びました。

魯山人の山代温泉での滞在

■1915(大正4)年8月
書家、篆刻家としての才能を持つ魯山人(当時福田大観)は、細野家の食客となり、燕台と煎茶仲間の初代須田菁華、吉野治郎、太田多吉に出会いました。
煎茶会の席で大観は山代温泉の旅館の看板を彫ることとなります。
■10月
細野燕台に伴われて山代温泉へ来た魯山人は、「吉野屋旅館」の食客として迎えられ、提供された別荘(現いろは草庵)で看板彫刻の仕事を始めました。
■11月
「菁華」の刻字看板完成。その見事な出来映えに菁華窯の仕事場に入ることが許され、初めて絵付けを体験しました。
書家の魯山人も最初は、素焼きの上では筆が思うように滑らず困惑したといいます。
この日から看板を彫るかたわら菁華窯に通い陶芸に魅せられていきました。
初代菁華は魯山人の大胆で正確な筆運びに驚き、陶芸に対する才能をこの時見抜いたといいます。
■1916(大正5)年
蕨(わらび)のでる頃まで看板彫りの仕事で滞在しました。